パワーストーンは頑張る自分の手助けをしてくれる

注目記事

パワーストーンは頑張る自分の手助けをしてくれる

パワーストーンの種類と意味 パワーストーンは様々な色や形がありますが、誕生石や色によって意味が違ってきます…

more

悩みに合わせたパワーストーンが存在

幸せを惹き付けるパワーストーン みなさんはパワーストーンをお持ちでしょうか。パワーストーンは手軽に持つこと…

more

迷ったら誕生石を買うとオススメ

水には十分気をつけて 今では専門店などもあり、気軽に身につけられるようになったパワーストーン。ブレスレット…

more

カレンダー

2018年8月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パワーストーンの種類と意味

パワーストーンは様々な色や形がありますが、誕生石や色によって意味が違ってきます。種類としては誕生石の場合31種類の形と色が存在します。誕生月によっては1種類しかない誕生石や、5種類程ある誕生石もあります。パワーストーンを誕生石ではなく、自分の好みの色にしたい方は好みの色で良いのですが、それぞれの色に意味があるので好きな色を購入したからといって色と意味が違った場合は良い事が起こるとは限りません。
ちなみに誕生石ではないパワーストーンの種類は100種類以上存在します。好みの色や自分に合った意味を探すのだけで一苦労しそうですが、パワーストーンの種類と色によって意味がだいぶ変わってきます。
例えば透明な丸い『ゴシュナイト』という名前のパワーストーンは「エネルギーの循環を助ける石」という意味なのですが、同じ透明の色で同じ丸い形でぱっと見ただけではゴシュナイトと同じパワーストーンに見えてしまう『メタモルフォシス』は「本来の自分の姿を認識する手助けになり、良い意味で持ち主の心の変化をもたらしてくれる」という意味なのです。なので、同じような色や形の種類でも意味が全く違うのでパワーストーンを購入したり作る時は色だけではなく、意味もしっかり調べる必要があります。

パワーストーンとの向き合い方

パワーストーンを選ぶ時、自分の希望を叶えてくれる意味合いを持った石を選ぶ人が多いかと思います。それを身に着けると願いが必ず叶うと信じている方も少なくないでしょう。しかし、あくまでエネルギーを発するのは自分自身であり、パワーストーンはその思いのエネルギーを増幅、加速するお守りで、助けてくれるパートナーと思って身に着けたほうが良いでしょう。パワーストーンには素晴らしい力がありますが、あまり石に頼り過ぎない方が良いと思います。
なぜなら、重要なのはその人の強い思いや努力だからです。頼るのが悪いと言う意味ではなく、自分の力が8割、パワーストーンの応援が2割、そんな風に考えて身につけるのが理想的と思います。パワーストーンを大切にし、信頼し、自分自身の一部と思い「このパワーストーンを身に着けたから願いが叶う」ではなく自分自身が自分の進むべき道をしっかりと歩み、パワーストーンはその為の追い風を吹かしてくれるものと捉え使用されると良いと思います。
そして、自分の願いを叶える意味の石でなくても、気になる石には何らかの意味があります。運を良くしてくれたり、ただ持つだけで幸せになるパワーストーンはありません。願いを叶えると言うのはそんなに簡単で単純な物ではありません。なので、気に入ったパワーストーンを身に着けて幸せを感じ、自分の夢に向かって行く強い心を持つ事が一番なのではないでしょうか。

Copyright(C)2017 自分のところに運気を呼び込みたいならパワーストーン All Rights Reserved.