充血予防にはシリコンハイドロゲルのコンタクト

コンタクトをつけると目が充血してしまうという人はシリコンハイドロゲルのコンタクトを使いましょう。まず、潤いを保持する効果が高いので、コンタクト自体が乾きにくいという特性があります。コンタクト自体が潤っているので目の水分や潤い成分を吸収してしまう心配がありません。目自体も乾燥しにくくなりますので、充血を予防する効果があります。また、潤いを保持する効果以外にも酸素の透過性が高いという特性がありますので充血になりにくいです。コンタクトを装着していても目に十分に酸素が行き渡りますので充血が起きにくいです。普段仕事で目を使う人の場合には瞬きの回数が減って充血しやすい傾向にありますので、そのような人はとくにシリコンハイドロゲルのコンタクトの着用がお勧めです。コンタクトによる充血は様々な原因がありますが、ドライアイ気味の人などにも効果的ですので興味がある人は購入してみましょう。

シリコンハイドロゲルのコンタクトレンズの利点

シリコンハイドロゲルは親水性ゲルにシリコンを結びつけて作ったゲルのことで、酸素透過性に優れるので、医療材料の素材などでよく使われています。代表的なのがソフトコンタクトレンズです。酸素透過性が優れているのでコンタクトレンズとの相性はかなり良いです。従来はヒドロキシエチルエタクリレートという素材がコンタクトでは主流であったんですが、これは素材が柔らかいというメリットがあったのですが、ガス透過型のハードコンタクトレンズと比べると酸素の透過性は極めて低く、酸素透過性と乾きにくく強度を保つということの二つの両立は不可能と言われてきました。シリコンハイドロゲルはそれを両立することが出来ます。ただ、まばたきによるレンズの動きがないため、涙液交換がスムーズに行えないことなどが欠点としてあげられています。近年ではそれのレンズエッジを工夫することで涙液交換の課題はクリアした製品もあります。

シリコンハイドロゲルの注意点

最近では、色々なタイプのコンタクトレンズが発売されていますが、これまで、ソフトコンタクトレンズの課題として各メーカーが研究してきた、酸素を通しやすく柔らかいレンズという2つを両立させた新しいコンタクトレンズが話題になっています。それが、シリコンハイドロゲルです。このシリコンハイドロゲルは、素材はとても柔らかく、また酸素も通しやすいので次世代のコンタクトレンズとも呼ばれています。しかし、脂分が付着しやすいといった欠点もあり、特に女性の化粧品が付着したまま取れずにそのまま目に入れてしまい、健康上のトラブルになる事もあります。女性は油性の化粧品を多く使用しますから、メイクをした上でコンタクトレンズを使用する際は注意が必要です。まずは化粧品がレンズに付いてしまわないように細心の注意を払う必要がありますが、どうしても付いてしまった時はしっかりと洗浄する事が大切です。