ネックストラップの有用性

ネックストラップで物を持ち歩くのはとても便利です。すぐに使うものなどを下げておくと取り出すという動作が必要なくなるのでとてもスムーズに行動ができるのです。難点はさすがに一つくらいしか下げていられない事だと思いますが以下のようなときに非常に有効です。私はネックストラップに旅行中に非常にお世話になることが多いです。当然まずはデジタルカメラです。街の中を見ていても、教会の一番上まで昇ったりなどアクティブな時が多いので両手はフリーにしていなくてはなりません。その時ネックストラップだと非常に便利なのです。落とす心配もありません。観光に集中してしまうとつい手に持っていたカメラを落としてしまう事があるのです。落とす場所によってはそのカメラはおしまいですが、ネックストラップのおかげで助かることもままあります。旅行で使う二つ目は音声ガイドです。良く手に持っていくタイプの物がありますが、電話の受話器をずっと持っているようで手が疲れることがあります。

その時は手持ちのネックストラップに吊るしてイヤホンで音声を聞きます。多少面倒ですが、その後二時間くらいは楽になります。そのような音声ガイドをしっかり用意してくれている場所ではカメラを使えないことが多いので、カメラを一時はずして付けると良いです。イヤホンは音楽プレーヤーなど持っている方が多いのでそれを付ければOKです。最後に一番大切なのがパスポートなどを入れるネックストラップです。現金やカードなども入れて服の中に隠す旅の必需品です。パスポートを守れば最悪帰ってくることはできます。夏場は服が薄いので服の下に隠すのは苦労しますが、その際は腰巻タイプも合わせて使用することで上手く隠します。旅行中の有用性を書いてきましたが、私が個人的に一番使ったのは音楽プレイヤーをネックストラップで使っていたの時期が一番長く使っていた物です。服の上に持つので正直ファッションなどでは困ります。ストラップが古くなったのを期に使うのをやめましたが、とても便利でした。

家事をしながら、大学に自転車を漕いで行く途中など、とにかく動いているときに持っている場所としては一番良かったです。取り出しやすいのが良い点です。首にかけることでの問題点は首が疲れるという事です。一眼レフのカメラなどになると旅行が終わると首の凝りが激しくて大変です。しかし落とす危険性などが除かれるのですから、やはり便利です。総じて言えるのはアクティブに動くときに、一番便利な掛け場所だという事だと思います。